ご挨拶

日本看護研究学会 第46回学術集会開催にあたって

日本看護研究学会 第46回学術集会
会長 城丸 瑞恵
(札幌医科大学保健医療学部看護学科)

謹啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

平素より、日本看護研究学会の発展のためにご理解とご協力をいただき心より感謝申し上げます。

日本看護研究学会は、看護関係の学会の中でも歴史が古く、幅広く看護学の研究者を組織し、看護学の教育、研究および進歩発展に寄与することを目的に発足しました。現在の会員数は約6,000名です。本学会は、毎年学術集会を開催し、研究者・医療職など1,200名前後が参加して、看護の質向上に向けた研究発表・交流集会などを行っています。

2020年度は8月27日(木)・28日(金)に札幌市の札幌コンベンションセンターにおいて第46回学術集会を開催することになりました。テーマは「当事者とともに創る看護の知」とし、このテーマのもとプログラムを構成しました。
特別講演には日本学術会議副会長 三成美保氏から「教育研究におけるジェンダー主流化と日本学術会議の取り組み―日本看護研究学会のさらなる発展を期して」と題してご講演をいただきます。教育講演では北海道医療大学教授 向谷地生良氏から「当事者の専門知に学ぶ」をテーマにご講演をいただきます。この講演を通して当事者から学ぶ必要性・重要性について理解を深める機会になると考えています。シンポジウムでは、がんや若年性認知症とともに生きる当事者・ご家族の方をシンポジストにお招きして、当事者・ご家族の方々と看護の知をどのように創るのか、意見交換が行われる予定です。この他、“看護の知を創る”ための研究方法に関するセミナー、また一般の方々が参加して楽しんでいただける市民公開講座を企画しております。

現在、学術集会の充実のために、皆様のご協力をお願いさせていただいております。事務局一同、一層の努力をする所存でありますので、誠に恐縮に存じますが、本趣旨にご賛同いただき、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

謹白

2019年8月吉日

ページ最上部へ